2017/07/25

通販で買えるアイピルのメリット・デメリット

入社・転職したばかりの時期や繁忙期、両親に交際を認めてもらう前、そもそも真剣な交際では無いなど人それぞれに今、このタイミングでの妊娠は避けたいと思う時があると思います。そんな時に避妊失敗して、妊娠してしまうかもしれないと言ったとき最後に避妊効果を発揮してくれるものがアフターピルです。

本来、日本では病院などで処方してもらわなければ購入できません。しかし、個人輸入代行通販という形で通販サイトを介して海外から購入することができるのです。その通販で買える、なかでも人気のアイピルのこととそのメリットやデメリットについて知っていきましょう。

処方箋不要の上に、余分に買える通販

余分に会った方が良いアイピルのイメージ
病院でアフターピルを買いたい場合、医師に事細かく説明して処方箋をもらう必要があります。それでも、そのとき限りの服用分だけの処方です。また保険適用外のものなので、全額自費負担となります。診察料を含めると¥10,000円を超える場合もあります。

しかし、通販サイトであれば処方箋は不要で数も1個だけでなく、余分に購入しておくこともできます。またネットからの注文になるので、わざわざ事情を説明する手間も時間もかかりません。

病院処方に比べて通販では格安で買える

アフターピルを病院で処方してもらう時、高額となりますが通販で買う場合は価格がガラッと変わります。病院処方に比べて、1割~2割程度の価格でアフターピルを購入することが通販では出来てしまいます。

もちろん全く同じ薬というわけにはいかないものもありますが、一般的に避妊薬として処方される薬のジェネリック医薬品の販売が通販ではされている為、ほとんど同じ成分・避妊効果を持ったアフターピルを買うことができるのです。またジェネリック医薬品の場合は研究費や開発費がかからないので、格安で購入ができます。それはアイピルにも同じことが言えます。

もしもの時を考えて事前にアイピルを購入しておける通販

アイピルは余分にあった方が良い
病院の場合は、余分に買うことが出来ないのが現実ですが、通販の場合は希望の個数を買うことができます。また、サイトによっては単品ではなく3個や5個セットで購入した方が1個当たりの金額がお得になるというメリットもあります。
そして余分に買っておけば、使うたびに慌てて買うことも無く、事後すぐに服用もできるので、より高い避妊効果を得ることができます。

通販でアイピルを買うデメリットはあるの?

始めにお伝えしたように通販サイトを介した海外からの購入になるので、注文してからの発送となります。つまり即日発送が出来るとしても、それから関税を通して住んでいる地域へ配達されるので5日~10日程度はかかると考えた方が良いでしょう。

このことから分かるように、性交後に慌てて通販で購入しても72時間以内に間に合うことは極めて低いと言えます。また、初めてアイピルを買う人や種類を変えようとしている人などは効果や副作用について分からないことがあっても医師に聞くことが出来ないという点もデメリットになるでしょう。
もし体調や持病、既往歴のある病気などで気になることがあれば始めは病院を受診してアイピルを含むアフターピルの服用は問題無いかどうか聞くことをおすすめします。

通販の利用にある危険性とは

アイピルを通販で買う時の危険性があるイメージ
最近では偽物のアイピルを販売するサイトも増えてきています。ただ効果が無いだけでなく、なかには覚せい剤などが作られている工場と同じ場所で作られている偽物もあり、気付かずに薬物中毒に陥ってしまうという事例も海外であったと報告が上がっています。
効果の無い偽物や危険な薬物が混入した薬を買わない為にも信頼できる安全な通販サイトを見つけることが重要です。

異常を感じた場合はすぐ病院を受診すること!

アイピルは正常なホルモンバランスを崩すことで故意に生理を引き起こして、妊娠しにくい身体の状態を作り出す緊急避妊薬です。そのため、どうしても副作用はあらわれやすくなってしまいます。それは病院から処方される場合でも、同じことが言えます。

そのため副作用のことをしっかり理解して、あまりに強い症状であったり長期間症状が続く場合には我慢せずに病院を受診しましょう。
そこを分かった上で、アイピルを通販で購入することは大変便利なので、病院と通販のどちらも利用して上手く使い分けたりすることもいいでしょう。